トヨタが採用するOTA(over the air)の今後

1.はじめに

 11月5日に日経テクノロジーに「トヨタ、電子制御ソフトを無線で更新する技術を採用へ 」が発表されました、電気自動車を見据えてOTAを積極活用する考えです。一方、電気自動車で1歩先を行っているテスラモーターズがOTAを採用してバグの修復などに大きな成果を上げてます。自動車もPCと同じようにバグが大量に発生し、どう回収するかが、メーカの腕の見せ所です。

2.OTAの仕組み

 OTA(over the air)は、ワイヤレスネットワークを介してソフトを更新するサービスで使われるワイヤレスは、考えられるものではWiFi,4G、BTなどがありますが、コストがあまりかからないWiFiになると思います。自宅でWiFiに接続して、アップグレードします。

テスラのアップグレード例

3.OTAの注意点

・WiFiを使う場合は、ハッキングなどの防止対策が重要です。WEP,WPA,WPA2などがありますが、EAP-TLSで電子証明書を使われると思います。

・DoS攻撃に対する対策は難しいと思いますが、検知する。

・MITM攻撃にたいする対応。電子証明書以外ですとMITMで侵入できてしまいます。

4.WiFi Pen Testの実践

・弊社はWiFiに特化した侵入試験を行ってますので、ぜひ活用ください。

5.問い合わせ先

当社の強み

・無線LANの専門調査会社として、セキュリティから電波までの無線LANの専門性を強みとしております。

・無線歴35年、SI歴25年の専門家が対応します。

・自社所有の測定ツール(Linux,スペアナ、電波診断ツール、セキュリティ診断ツール、トラヒック診断ツール)により迅速に対応します。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

email:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。