ドローンの飛行管理の実験

1.はじめに

 今日のNHKニュースで、ドローンの飛行管理システムを構築するための実験を行う模様。現在の航空管制のドローン版と思われる。大手が参加して福島県で実験するようです。成果を期待しましょう。

2.想定される内容

・GPSをドローンに搭載して、位置情報を定期的に送信

・操縦用の周波数、2.4G,5Gの新たに許可したドローン用バンドで通信か?

・ドローン個体のMACアドレス当たりと位置情報をクラウドに送信し、位置情報を管理、deep learningで衝突予測。

・周辺位置情報をドローン側にフィードバックし、自動操縦で衝突を回避?

・衝突発生時の保証問題

・飛行禁止区域は、ドローン側に埋め込み済か?

3.現状の航空管制の問題点

・以前に検討しましたが、飛行機自体は相手の飛行機が見えないので、見えるかした方がよい。航空管制を人間系が実施しているのは、もう時代遅れ。通信も会話主体もどうか?

・ICAOで取り決めなので、グローバル全体での対応が必要だが、少しハイテク化しないと人間が追い付かない。

・飛行機の通信方式が衛星、VHFだと限界が?静止衛星は北極では使えない。そろそろ地上からマイクロ波あたりでビーム追跡するような方式にしないとあまりにもシステムが古い

4.問い合わせ先

弊社では、ドローンの免許取得支援を行ってます。お気軽にお声がけください。

当社の強み

・無線LANの専門調査会社として、セキュリティから電波までの無線LANの専門性を強みとしております。

・無線歴35年、SI歴25年の専門家が対応します。

・自社所有の測定ツール(Linux,スペアナ、電波診断ツール、セキュリティ診断ツール、トラヒック診断ツール)により迅速に対応します。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

mail:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上


Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。