Raspberry PiのマイクロSDバックアップ:Gpartedが最強

1.はじめに

 ここ1週間位、いろいろとRaspberry PiのマイクロSDのバックアップ(リサイズしないと32GBのマイクロSDがセクタ不足で動作しないため)をやってましたが、最強は、Gpartedでした。他の物も試しましたがうまく行きませんでした。使いやすいので紹介します。昨日はまる一日かかって、やっとOKになる。希望があれば有料で実施しますので連絡ください。はまるとたぶん抜け出せない。

2.内容

(1)Gparted

  ダウンロードサイトはこちら。http://gparted.org/download.php

 使用するもの

 ①メディア変換ツール:バッファロー BUFFALO 52+5メディア対応カードリーダー/ライター(ホワイト) BSCR05TU2WH 、マイクロSD、マイクロSDアダプタが同時に搭載できるものであればなんでもよい:1000円位

 ②Linuxマシン

 ③GPartedのイメージソフト:無料

 良い点

 ・メディアの中身が可視化されており使いやすい。

 ・リサイズが可能(特にWin32DiskImagerを使って32GBの同一メディアなのに、セクター不足と言われた場合には、この方法が一番。よく発生します)

 ・コピペも簡単

もとのファイル

 RaspberryPiは二つのパーティションに分かれてます。Windowsで見えるのはRecoveryのところだけ。

縮小した例

(2)ほかに試して上手く行かなかったもの

 ・rpi-clone:途中までやったがパーティションのところでたぶん設定がよくなくて、作成できず。

 ・rsync:書き込み権限を変えて見かけ上できるようになっていたが、途中でエラー多発。

 ・resizeの誰かが作成したpython:動作しない。

 ・win32diskimager:基本的にはイメージバックアップはこれをつかっている。どのSDでも動けばよいがセクタ不足がでるとどうしようもない。

3.問い合わせ先

当社の強み

・無線の専門調査会社として、セキュリティから電波までの無線の専門性を強みとしております。

・無線歴35年、SI歴25年の専門家が対応します。

・自社所有の測定ツール(Linux,スペアナ、電波診断ツール、セキュリティ診断ツール、トラヒック診断ツール)により迅速に対応します。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

mail:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。