アメリカのDrone免許の状況などCES2017より

1.はじめに

 1月5日 15:30-Harnessing the Power of the Drone MarketでFAAの人がお話していた内容をよく調べてみるとアメリカのDroneの操縦免許などが分かりました。詳細は間違っている可能性がありますので、免許取得の場合は、よく確認ください。

 オーストラリアが一番の先進国らしく、アメリカは規制などが2016年8月に策定されており遅い状況です。日本は、電波法の免許はありますが、操縦の免許までないようなので規制が緩いかもしれません。事故が起こるとアメリカ並みになると思わるるので、ドローンを商売しようとする人はアメリカの操縦免許を取得した方がよいと思います。

 現状5000名位のパイロットしかいないようで不足している状況です。

2.USのドローンの規制(商業利用)

(1)操縦免許

  16歳以上、リモート操縦免許、TSA vettingに合格

(2)ドローンの要件

  ・250g以上、25Kg以下の無人機

  ・飛行前に事前チェックが必要

(3)飛行条件

  ・空港の5マイル以内は禁止

  ・高さ400フィート以下

  ・昼間の視界飛行

  ・速度は、100mph以下

  ・有人機を優先

3.問い合わせ先

当社の強み

・無線の専門調査会社として、セキュリティから電波までの無線の専門性を強みとしております。

・無線歴35年、SI歴25年の専門家が対応します。

・自社所有の測定ツール(Linux,スペアナ、電波診断ツール、セキュリティ診断ツール、トラヒック診断ツール)により迅速に対応します。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

mail:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。