海外の公衆WiFi状況:ロスアンジェルス空港:1月9日

1.はじめに

 今週CESに行き、帰りのロスアンジェルス空港で取得した公衆無線LANの状況です。約2分位ある空港の場所でデータを取得しました。アクセスポイントが111個、端末込みで611台とどこも混雑してます。FreeのWiFiを使いましたが快適です。海外へ行く際は、必ずVPNで使用しましょう。今回もHTTPでデータが見えるものが発見されました。だれでも簡単にデータは取得できます。自己防衛を実施しましょう。

以前に私が投稿したキーマンズネット記事を参照ください。

http://www.keyman.or.jp/kc/30008854/

2.内容

(1)概要

 ・トラヒック状況、プロトコル状況、送信、受信アドレスの数などをざっと見てください。

 ・HTTPで3端末たまたま確認されました。VPNを使っていません。危険です。

(2)速度

 36Mbpsと案外高速で使用されてます。APがきちんと設置されております。

3.問い合わせ先

当社の強み

・無線の専門調査会社として、セキュリティから電波までの無線の専門性を強みとしております。

・無線歴35年、SI歴25年の専門家が対応します。

・自社所有の測定ツール(Linux,スペアナ、電波診断ツール、セキュリティ診断ツール、トラヒック診断ツール)により迅速に対応します。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

mail:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。