pythonを使ってみました。面白い

1.はじめに

 wi-sunの電波テスターを2週間前に発売しました。使用したハードは、Raspberry Pi 3 model Bとソフトは、python2.7です。pythonはこれから一番使われるプログラムソフトで一度どうかとチャレンジしました。約2か月の開発期間で完成しました。メインのプログラムは、1週間で作れましたが、GUIは時間がかかりました。

http://spectrum-tech.co.jp/products/wisun_tester.html

2.内容

このサイトはお世話になりました。

(1)印象

 考え方はC++と同じなので、c++をやっている人であればあっと言う間にマスターできます。よい点は関数の定義が簡単です。a=0でint,a=0.0でfloat,a=””でstringで定義できるので簡単です。c++同様、割り算とかはきちんと定義してないとintで実施されます。

(2)ポイント

 ・関数のimport:publicで作られた関数が沢山あり、すぐにimportで定義すれば使えます。非常に便利。関数に方言も多いので注意が必要

 ・defで自分で簡単に自分で関数作れます。c++と同様

 ・インテンドがポイント。位置をtabで設定しこの位置でどこで動くか定義します。非常に重要。c++の{と同じです。

 ・対話型:直接プログラムをpythonとコマンドを打つと対話型で動作します。デバッグ、簡単なテストには非常に便利

 ・list,dictなどデータを配列で持つことができます。c++のポインタに似てますが、慣れると使いやすいです。dictは二つの値:key,dataを同時に持たせることができ非常に便利です。ここをマスターすれことが重要です。この使い方になれることが重要です。

3.問い合わせ先

当社の強み

・無線の専門調査会社として、セキュリティから電波までの無線の専門性を強みとしております。

・無線歴35年、SI歴25年の専門家が対応します。

・自社所有の測定ツール(Linux,スペアナ、電波診断ツール、セキュリティ診断ツール、トラヒック診断ツール)により迅速に対応します。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

mail:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。