ces asia 2017 レポート:Baidu自動運転など

1.はじめに

 個人でまとめたレポートです。内容に間違いがある場合がありますので、ご容赦ください。

2.内容:2日目

ーーーーーーーーーーーー

baidu 自動運転

1.日時:平成29年6月8日 9:30-10:30

2.場所:上海 CES Asia会場:kerry hotel

3.説明者:Baidu iVechle

4.内容

・音声認識を使って指令を出し、速度の加速、減速は実用化レベル

・音声認識は、2%位のエラー率

・自動運転用のモジュールを提供:20cmx20cm位

・baidu Nvidiaがタッグを組んで開発

・AI(Deep learning)と地図データ

・Deep learningは、十分な検索で培ったデータ量とデータ変換(text-音声)

・実証実験では、レーンの識別(白線の読み取り)、標識読み取りもやっている。

・7月5日北京でApolloプロジェクトを発表

・安全を多少犠牲にすると、実現は早いかも。あなどれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国のエンタメ動向

1.日時:平成29年6月8日 13:30-14:30

2.場所:上海 CES Asia会場:kerry hotel

3.説明者:映画配信会社ベンチャ他

4.内容

・1990年 技術、メディア、通信のTMTでハリウッドは技術革新した

・ハリウッドの会社は、すべてメディアの会社を持っている。

・コンテンツ制作には、巨大なお金と時間が必要

・特に広告費が莫大に必要

・IBMがPC事業をLenovoに売ったことに驚いた。

ーPCのLenovoは、No.1になり、IBMはサービスでNo.1?に

・現在のストリーミングはハリウッドの技術

・映画は、劇場で見るのが一番だが、スマホ、TVなど多様化している。

・垂直統合モデルで対応し、スマホ、TVなどで見れる:IPプラットフォーム、アプリ、HW

・中国のコンテンツはグローバル化することが重要

・CESで8kTV,スマホ、PCなど最新が出てくるが、何を見るのか?定まっていない。

ーーーーーーーーーーーーーー

家電の革新と表彰

1.日時:平成29年6月8日 14:30-15:00

2.場所:上海 CES Asia会場:kerry hotel

3.説明者:表彰

4.内容

・スマホ:中国がリーダに、元はノキア、モトローラが主導権をとっていたが、中国へ。

・B2Cは完全に中国へ、30年前の日本、韓国からシフト

・マーケットリーダになるには、品質、デザイン、価格が重要。日本のコピー製品だけでは勝てない

・家電の表彰式で、Hisenseなどが

ーーーーーーーーーーーーー

CES Asiaの展示会場

・水中ドローン、窓ふきロボット,分身魚(リモートカメラとディスプレイ)など面白いものあり

・車関係で展示していたのはHondaのみ、ラスベガスのUnicarのデモ

・会場は広く、ラスベガスの半分くらいの規模、ビッグサイトの倍?

・人は多く、ほぼ中国系

・keynoteの人が少ない?

・定期的に見た方がよい。


Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。