ドローンの影響調査を行います。既存無線クレーン、無線LAN,Wi-SUNなどへの干渉。

1.はじめに

 ドローンは今後、あらゆる場面で使われますが既存の無線システムへの干渉調査を行います。飛行する前に既存の無線クレーン、無線LAN、Zigbee,Wi-Sun、RFIDへの影響を調べておくと不要なトラブル防止になります。是非実施しましょう。

http://spectrum-tech.co.jp/sier_service/radio_survey.html

2.調査内容


(1)ドローン単体調査

 ・主に2.4G,5G、920MHz帯を使用して飛行、映像伝送を行っております。飛行前にどんな電波を使っているのか把握し、干渉を与えるシステムを事前に把握します。

(2)既存無線システムの調査

 ・無線クレーン:2.4G SS, DS/FH方式があり、300kbpsで通信しています。ドローンが近傍で飛行すると影響を与えます。事前に影響を調べます。

 ・無線LAN:2.4G、5Gをつかっています。ドローンも映像伝送で使用しますので干渉します。ドローン側への影響が強いと思います。事前に周辺の状況を調査します。

 ・Zigbee:2.4Gを使っています。相互に影響しますので、事前に調査します。

 ・Wi-SUN:電力及びガスのスマートメータで使用しております。920MHzを使用しております。相互に影響しますので周辺の状況などを調査します。

 ・RFID:920MHzを使ってます。ドローン側が干渉を与える恐れがありますので事前に調査します。

3.問合せ先

当社の強み

・無線LANの専門調査会社として、セキュリティから電波までの無線LANの専門性を強みとしております。

・無線歴35年、SI歴25年の専門家が対応します。

・自社所有の測定ツール(Linux,スペアナ、電波診断ツール、セキュリティ診断ツール、トラヒック診断ツール)により迅速に対応します。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

email:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。