SDR(Software Defined Radio)は進化するか?

1.はじめに

 先日、ある雑誌で特集されていたSDRを見て、少し調査しました。残念ながら日本メーカの姿はありません。目先のお金もうけに走ってしまい、次世代投資を忘れたのか?今後普及するかわかりませんが、たぶん主流になると思われます。無線機の開発費が削減され、バグが出てもアプリ同様改修も簡単です。

2.内容

基本的には、フロントエンドにRF系の機器とPCの組み合わせで構成し動作させます。

(1)代表ソフト

 GNU Radio:無料でLinux,Pythonで動作します。GUIも充実してコンポーネントをGUI上で配置し、構成してゆく。

(2)フロントエンド

 ・USRP:Universal software radio peripheralと言われるものが出ております。主要メーカは、ettus,National instrument

(3)課題

 ・まだUSRPの価格が高い。大体10万円以上。

 ・アナログの方が性能が高い?:デジタル処理に入ると性能発揮しますが、RF,IFで性能が決まったりするので、チューニングしているアナログの方がまだコスパがよい?

 ・電波法:受信機は特に問題ありませんが、送信機は、通信方式を変えると電波法の取得が必要になります。いろいろな波を出すと、端末認証にもお金がかかる。

(4)今後

 ・安いツールが見つかったので受信機で少しテストします。適宜レポートします。

3.問い合わせ先

当社の強み

・無線LANの専門調査会社として、セキュリティから電波までの無線LANの専門性を強みとしております。

・無線歴35年、SI歴25年の専門家が対応します。

・自社所有の測定ツール(Linux,スペアナ、電波診断ツール、セキュリティ診断ツール、トラヒック診断ツール)により迅速に対応します。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

email:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。