無線LANのビーコンの占有状況

1.目的

 無線LAN(WiFi)において、各APがビーコン情報を定期的に出し、自分の存在を相手の端末に周知しております。今回のそのビーコンなどのヘッダが使用帯域においてどれ位の占有率なのか実験環境で調査しました。

2.調査結果:ビーコンなどの占有比率

・6APで占有比率:0.02%→AP数、接続端末数が増えると飛躍的に増加

・1APで占有比率:0.01%

・特に使用帯域を圧迫するほどの比率ではありませんでした。



3.

問合せ先

Wiresharkを使ったパケット調査を提供可能です。料金は、個別見積もりになります。お気軽にご相談ください。

電話番号:04-2990-8881

担当:村上

4.参考:無線LANで使用するフレームの種類

・Management: Beacon, Probe request, Probe responseなど

・Control:ACK, RTS, CTSなど

・Data:情報を伝送する本文

Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。