トレンドマイクロ社講演メモ

1.日時:平成27年11月20日 10:00-11:30

2.場所:パークタワー東京

3.タイトル:基調講演

4.内容

(1)トレンドマイクロ:大三川さん

現状

・2015年は前年より3倍の不正アクセスがある

・クレジットカードの個人情報が$60で海外で売られている

・ランサムウエアの脅威が企業におよんできた

企業のセキュリティ対策

・6-7割の企業が対策を実施しているが、まだ不十分

(2)ToToの情報セキュリティ対策:中溝さん

企業概要

・北九州市が創業の地、5500億円の売上、26千人の社員

・海外比率が1/4で17か国に展開

・ブランドで技術力が1位、エコが2位などイメージは高い(継続の結果)

・2011年までは入口対策が主で、松竹梅の竹レベル

・2011年9月の日本企業の情報漏えい事件がきっかけで対策を実施

ーまずはプロキシーのログ収集と分析:労力の割には報われない

ートレンドマイクロ社のDDIで見える化を実施して、稼働が減る

・インシデントが発生すると運用チームをタスクフォース的に集合

・社員教育の実施:当初メールの開封訓練を実施したら2割がアウト現在は2%

・不正アクセスは年々増加している。グローバル化によりリスクは拡大

・グローバル対策として段階的に実施予定。日本で集中管理。運用は

 ローカルで又はアウトソース。社員への教育が課題

(3)Thread Defense戦略:エバCEO

・標的型などのメールによる攻撃が9割

・トレンドマイクロは日本企業で、26年の会社で、日本語対応も可能

・境界線が消えてきている。

・企業動向:87%がパブリッククラウド利用、75%が仮想化、70億個のIoT

・年間:50万件の攻撃、一日40個脆弱性が発見されている

・2016年はネット恐喝の元年に

・不正アクセス件数は170万アクセスで日本が1位

①防御 ②検知 ③対処 ④可視化と統制の実施が重要

以下の3つで実施

・endpoint defense:pc、スマホ、端末管理を含めて

・server defense:従来型+仮想化、クラウド、Hybrid

・Network defense:FW,IDS/IPS,プロキシー

5.感想

・参加者は1000名位?盛況、年齢層は若い。CIOを対象としている

・2016年はネット恐喝の元年が新たなキーワードか

・不正アクセスは日本がトップとは知らなかった、月毎でも増加している。

・運用面の話があまりなかった。人材がカギを握っていると思う。

・個人的には、標的型メールはかならず起こる、起こってからの早期の発見対応が重要

 また、DBの暗号化など盗まれても大丈夫にしておく。管理権限が乗っ取られたら同じだが

以上

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お問合せ先

自社所有の測定器で、無線歴35年によりトラブル対応力No.1を目指します。是非電波調査、電波診断は、ご用命ください。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

Url:http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

email:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上


Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。