M2M(IoT)の電波調査(Zigbee編)

1.はじめに

 M2M及びIoTは現在のバスワードですが、まだ家庭などには普及しておりません。その一つの方式であるZigbeeの電波調査です。

2.内容

 調査は、2.4GHz帯でWiFiと同じ周波数になります。そのCH20番(2.45GHz)「WiFiのCH番号とは呼び方が違います」でのスペクトラムです。帯域幅は2MHzと小さくその中で、62.5Kbsのシンボルが動きながら通信します。Bluetoothとよく似ています。伝送速度は、250Kbpsとかなり低速ですが、テレメトリーと制御がメインなので十分です。所要C/Nが小さくてすむので、日本のような2.4GHz帯が混雑した状況でも十分使用できます。今後の普及が期待されます。

 用途は、家電製品、電子ロック、センサ類などに利用されると思います。


3.問合せ先

無線LANの専門調査会社であるスペクトラム・テクノロジー社によるスペクトラム調査です。M2Mのひとつの方式であるZigbeeのスペクトラムです。2.4GHzのCH20です。2MHzの帯域幅で25Okbpsの通信が出来ます。2.4GHzでWiFiが使用している混雑の状況でも、所要C/Nが小さくてすむので十分使用できます。今後の普及が期待されます。自社所有の測定器で、無線歴35年によりトラブル対応力No.1を目指します。是非活用ください。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

Url:http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

email:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。