アマチュア無線(430MHz帯)の電波調査

1. はじめに

 アマチュア無線は一時のブームが去り最近はさびしいばかりです。高齢化、インターネットの普及など理由はいろいろですが、電波を体感する意味では非常に重要です。また、災害時には電話もインターネットも使えない事例がたくさんです。その時にアマチュア無線の通信手段は、命を救います。是非、昔やっていた人は再開しましょう。

2.内容

 430MHz帯は、10MHzの帯域があり使いやすいです。

 最近は、WiresのVoIPを使って海外とも簡単に接続できます。また、ハンディー機では2バンド運用のものがあり、144MHzと430MHzで運用します。144MHzでAPRSを使って位置情報を送り、430MHzで会話するのが流行りです。



3.問合せ先

無線LANの専門調査会社であるスペクトラム・テクノロジー社によるスペクトラム調査です。アマチュア無線の中でも、モバイルとして主流の430MHz帯です。帯域も広く、品質も安定して人気が高いです。最近は、WiresなどVoIPで海外とも通信が可能です。みなさんも、アマチュア無線はじめましょう。自社所有の測定器で、無線歴35年によりトラブル対応力No.1を目指します。是非活用ください。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

Url:http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

email:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

問合せ先


Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。