アマチュア無線(7MHz帯)の電波調査

1. はじめに

 アマチュア無線の中でも、海外とも通信ができる非常に人気のある7MHz帯です。コンディションとアンテナの性能によります。CWは下部の帯域で運用できますが、年々減少してきております。モールスを使った通信は頭を使うので非常に面白いです。

2.内容

 帯域は、200KHzしかなく、昼間は非常に混雑しております。国内は安定して通信ができます。どこまで飛ぶかは、その日のコンディション次第です。

通信方式は、LSBです。最近、PLCからのノイズが心配されております。ほとんど雑音の中に埋もれた通信を取り出しているので、雑音源を根絶したいものです。

また、CWを復活させたいです。ちなみに筆者は、1通です。毎日和文100文字で練習しております。


3.問合せ先

無線LANの専門調査会社であるスペクトラム・テクノロジー社によるスペクトラム調査です。アマチュア無線の中でも一番醍醐味が味わえる7MHz帯です。海外を含めた長距離通信が可能です。帯域が200KHzしかないため非常に混雑しております。みなさんも、アマチュア無線はじめましょう。自社所有の測定器で、無線歴35年によりトラブル対応力No.1を目指します。是非活用ください。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

Url:http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

email:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上


Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。