「無線LANのアクセスポイントの見える化(トラヒック診断サービス)」の提供について

本日ニュースリリースします。


1.サービス概要

 無線LANのトラヒック診断サービスは、企業のお客様が設置してる無線アクセスポイントに対して、無線区間を流れているトラヒックをモニターし、データを取得します。そのデータを分析し、見える化を行います。特にこれまで通信速度が遅いなど原因の特定できなかった内容を、見える化します。内容は、無線APのチャンネル使用率(時間別、プロトコル別、周辺AP含む)、端末同時接続数(時間別、端末別)、エラー発生状況(再送、切断)、トラヒック状況(バブルマップ、ヒートマップ)、送信元エリアマップ、ネットワーク関連図(不正サイトへの接続)を提供します。

 この見える化により、無線APの増設が必要か、不正アクセス端末の発見、情報漏えいの防止が可能となります。

2.料金

 無線AP1台につき5万円(データの取得時間は1時間とします)。複数台につては個別に見積もりします。

3.特にお勧めするお客様

 ・無線LANの速度が遅い、接続が不安定などトラブルを抱えているお客様

 ・顧客情報、新規開発を扱っている業種のお客様(病院、教育、金融、小売、製造、ホテルなど)

 ・マイナンバー制度の導入に伴い、全企業で少なくとも年に1回は、無線LANの見える化サービス三部作を実施することをお勧めします。

 ・特に、金融系はPCI/DSS(注2)の規定に則り四半期に1回実施することをお勧めします。

 (注2:PCI/DSS はPayment Card Industry Data Security Standardの略で、クレジット業界に求められているセキュリティ規格になります)

4. アクセスポイントの見える化による効果

 ・無線APの品質・性能を的確に診断でき、エンドユーザ様に対する満足度が向上します。

 ・標的型メールなどにより感染した端末が、不正サイトへの接続を発見することにより情報漏えいを防止します。

 ・特定の機器を設置することなく、サービスとして無線アクセスポイントの品質、性能を診断できるため費用が削減できます。

5. 見える化サービス三部作完成に伴うセット割引キャンペーン

 ・三部作完成記念として、3つのサービスを同時に申し込んでいただいた場合は、無線AP1台当たり15万円(税抜き)のところを10万円(税抜き)(▲5万円)で提供します。

 ・キャンペーン期間:平成28年3月31日までとします。

6. 当社の強み

 ・無線歴35年の専門家が対応します。

 ・自社所有の測定ツール(スペアナ、電波診断ツール、セキュリティ診断ツール、トラヒック診断ツール)により迅速に対応します。

 ・無線LANの見える化三部作により、どんなトラブルも解決します。

7.問合せ先

 無線LANの専門調査会社であるスペクトラム・テクノロジー社による無線LANの見える化シリーズのうち無線アクセスポイントの見える化:トラヒック診断サービスです。無線APの性能・品質、不正アクセス端末の有無を診断します。① チャンネル使用率(時間別、プロトコル別、周辺AP含む) ② 端末同時接続数(時間別、端末別) ③ エラー発生状況(再送、切断) ④ トラヒック状況(バブルマップ、ヒートマップ) ⑤ 送信元エリアマップ ⑥ ネットワーク関連図(不正サイトへの接続状況)を報告します。一部モーション・グラフで動きを再現します。これまで通信が遅い、不安定の課題が解消できます。他に電波の見える化、セキュリティの見える化もございますので是非検討ください。

。自社所有の測定器で、無線歴35年によりトラブル対応力No.1を目指します。是非電波調査、電波診断は、ご用命ください。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

Url:http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

email:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。