ネットワークの可視化事例2(トラヒック診断)

1.はじめに

 ネットワークの故障、性能の解析にトラヒック診断を行ってきました。最近では、可視化のきれいなグラフが簡単に作成できるようになりましたので、紹介します。

2.内容

 無線LANのトラヒックのチャンネル使用率、無線アクセスポントへの同時接続端末数、無線LANでの再送などのエラー発生状況、送信元エリアマップ、バブルマップなどです。これをモーショングラフで、複数のグラフを同時に動かすこともできます。

CH使用率

3.問合せ先

 無線LANの専門調査会社であるスペクトラム・テクノロジー社による無線LANの見える化シリーズのうち無線アクセスポイントの見える化:トラヒック診断サービスです。ツールを使って取得したデータを可視化しました。これによりプロキシーを通らないトラヒックが判明し、不正端末を発見できます。社員がどこと通信しているかも把握できますので、内部犯行を防ぐにも最適です。他に電波の見える化、セキュリティの見える化もございますので是非検討ください。

。自社所有の測定器で、無線歴35年によりトラブル対応力No.1を目指します。是非電波調査、電波診断は、ご用命ください。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

Url:http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

email:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上


Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。