無線LANの被害事故事例(ただ乗り事件、不正送金、偽装AP)

1.はじめに

 無線LANは、非常に企業で活用されておりますが、ただ乗り事件、不正アクセス、情報搾取など荒手の犯罪も増加しております。防止するためには、年に1回はセキュリティ診断を受診しましょう。

2.被害事故事例

 大きく分けて3つのパターンがあります。

 ①.WEPなどの脆弱な暗号化方式による不正アクセス:ただ乗り事件

 ②.無線ルータの機器の脆弱性(ロジテック製など)による不正アクセス:不正送金事件

 ③.偽装アクセスポイントによる情報搾取:今後増加すると思われる

http://spectrum-tech.co.jp/incident.html

3.問合せ先

無線LANの専門調査会社であるスペクトラム・テクノロジー社が提供する被害事故事例です。不正アクセス、ただ乗り事件が多発しております。大きく分けて3つのパターンがあります。①暗号化方式の脆弱性によるもの ②機器の脆弱性によるもの ③偽装アクセスポイントによる情報搾取です。年に一回は、法人向け無線LANのトラブル110番で提供しているセキュリティ診断を受けましょう。是非活用ください。

自社所有の測定器で、無線歴35年によりトラブル対応力No.1を目指します。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

Url:http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

email:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

 


Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。