無線の可視化技術を使った活用事例

1.はじめに

 無線を可視化する技術はいろいろありますが、今回は、スペアナによる周波数可視化、Airmagnetによるヒートマップ、PowerPivotによるパケット可視化について紹介します。

2.内容

(1)スペアナによる周波数可視化

 500KHzのAMラジオから5GHzの気象レーダまで公開されている周波数に基づいて各バンドを紹介しました。教育用で使ってください。

(2)ヒートマップ

 無線LANの受信レベル、干渉レベルをヒートマップにしたものです。非常に分かりやすいです。他のバンドでも今後出てくると思います。山手線主要駅の公衆無線LANのヒートマップも作成しました。

(3)パケット可視化

 PowerPivotを使って、複雑なパケットを時間軸上に可視化しました。

3.問合せ先

無線LANの専門調査会社であるスペクトラム・テクノロジー社が提供する無線の可視化技術を使った活用事例です。PowerpivotによるLANの可視化。スペアナによる周波数の可視化。Airmagnetによる指向性アンテナの可視化、公衆無線LANのエリアの可視化等。是非活用ください。

自社所有の測定器で、無線歴35年によりトラブル対応力No.1を目指します。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

Url:http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

email:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

 

Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。