ワイヤレスジャパン2016講演模様、Meraki, 屋内3D

1.はじめに

 昨日、ビッグサイトで開催中のワイヤレスジャパンに行きました。講演2件をまとめました。今日まで開催なのでお出かけください。屋内のナビは進んで来てます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.タイトル:公衆無線のマネタイズを実現 ~ Cisco Meraki + EMSP + Japan Indoor Map ~

講演者:Netone partners 東根さん

(1)内容

・自社の収益につなげる

・安定したインターネット環境

・運用、構築の負荷軽減

・相互にメリットがあること

・2020年:6.58台/人に増える。

(2)提案システム

・Meraki+EMSP+Japan Indoor Map

・Cisco Meraki:Probe情報を収集、リピート、滞留時間、動線がわかる。3万円/APライセンス、本体20万円

APをつなぐだけで、自動で動作。クラウドで管理。Web

・Cisco EMSP:webベースでプログラムがわからなくてもコンテンツを作成できる。

ー多言語対応、FBでのログイン、顧客情報によりコンテンツを変える(ルールベース)

・インドアナビゲーション:通常のWiFiをセンサとして利用、

(注)Probe情報は取得しても問題なし。通話内容をとる場合は相手の許諾が必要の模様。要調査

2.屋内3Dデジタル化+ナビゲーションで「より快適で豊かな屋内空間」を実現する NavVis のご紹介

講演者:構造計画研究所 梅田さん

(1)内容

・屋内3D化、ストリートビューができる。カメラで撮影して問い合わせすると場所が分かる

・トロリーで5万平米/日、25万円といままでのWiFiなどのシステムの100分の1

・大規模なビーコンセンサがいらない。ただしナビのみ。端末情報など相手を特定するものがない

用途:工場(BMWが使っている)、駅、空港、屋内施設

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.問い合わせ先

強み

・セルフサービスBIを初めて脆弱性分析に、採用しました。圧倒的な操作性と、驚異的な安さです。

・平成27年9月より、ネットワーク機器に特化した脆弱性対策通知サービスを行ってきました。その知見によりソフト(OS)からハードまで全ての範囲に拡大します。IPAから発出されている脆弱性対策情報はすでにすべてDB化しております。

・SI歴25年の専門家が対応します。

企業名:スペクトラム・テクノロジー株式会社

担当名:村上正彦

電話番号:04-2990-8881 

メール:sales@spectrum-tech.co.jp



Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。