ISMSの運用稼働を大幅に削減:PowerBIによる脆弱性管理サービスの紹介

1.はじめに

 ISMS(情報セキュリティマネージメントシステム)の認定取得した企業のみなさまにお得な情報です。運用稼働がたくさんかかってませんか?その稼働を削減するサービスです。


2.内容

(1)ISMS要件

 特にISMSの規定で運用で稼働のかかる要件があります。

    A12.5.1 運用システムのソフト管理

    A12.6.1 技術的脆弱性の管理

 脆弱性情報が現在年間6000件、15000製品分発生しております。

 御社の製品を識別し、重要なものは、パッチの適用するなどの管理に

 大変な稼働がかかってませんか?

(2)弊社サービス

 PowerBIを使った脆弱性分析・管理サービスを使うと先週に発生した300件の脆弱性を1時間以内で把握し、自社に該当するか、どのソフトにパッチを適用すればいいのかが処理できます。大幅に稼働削減するとともに、今まで手の届いていなかったところをカバーでき、セキュリティ対策の漏れが防止できます。

(3)脆弱性は自動通知されない

 Widowsなどは自動的にアップデートされますが、大半は自社でパッチを適用するのか探して、判断する必要があります。自動通知はされません。放置すればハッキング対象になります。

3.問い合わせ先

サイトはこちらです。http://spectrum-tech.co.jp/service/powerbi_vulnerability.html

スペクトラム・テクノロジー株式会社は、ISMSの運用稼働を大幅に削減する「PowerBIを使った脆弱性管理サービス」です。本サービスは、マイクロソフト社が現在無料で提供しているPowerBIを使って、独立行政法人 情報処理推進機構(以下、IPA)が提供する脆弱性対策情報と、企業が保有しているIT機器を、ベンダ・製品名でマッチングさせて、企業のIT機器の未実施の脆弱性対策を見える化し、その対策の進捗を管理するサービスです。年間6000件、15000製品の脆弱性が発生しております。人での管理には限界があり、積極的にセルフサービスBIを使いましょう。最長1か月間は無料でお試しできます。ISMS, PCI/DSS導入している企業の方は、技術的脆弱性の管理要件のツールとして最適です。エビデンスとしても使えます。

本サービスの提供により、自社の脆弱性対応状況の見える化、今週の脆弱性情報の把握、複数ベンダの製品の脆弱性比較などが簡単・迅速に行えます。セキュリティ担当者のいない中小企業や、脆弱性情報の把握に時間を要していた企業などで活用できます。

なお、PowerBIを使って、脆弱性情報の分析・管理を行うサービスの提供は、業界初となります。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

Url:http://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

email:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。