Interop Hauweiの基調講演など:20160609

1.はじめに

 今週木曜日に参加したInteropの基調講演のメモです。IoTが花盛りでした。日本の元気のなさが心配です。世界との距離がどんどんあいて、中国がトップを走ります。

2.内容

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Interop2016基調講演

1.日時:平成28年6月9日 9:40-

2.場所:幕張

https://reg.f2ff.jp/public/application/add/462?lang=ja&_ga=1.181807079.1180161498.1461557594

3.内容

(1)IoT標準化 インテル:ジェフさん

・ポイント

・システム自動化とスマート化

・SDNインフラ

・情報の普及化

・プラットフォームの変遷

・Internet--クラウドーー5G-- Fog

 消費者 企業   コミュニケーション IoT

・IoTのコンソーシアム

・クラウド ネットワーク Thingsの3要素

 全てがSoftware Define

 Latency, Congestionが問題となる

 IoTの機器と人間の融合

・IoTの分野

政府、通信、企業、消費者、産業で必要となる。標準化はひつりでは出来ない。

・IoTの地域

US,EU,日本、中国

・IoTの標準化動向:インテルは全てに関与

・Industrial internet consortium:SAP,シュナイダー他250社

・Open Fog:MS, Dell,cisco.arm,princeton Univ他30社大学主導

・Open connectivity foundation:IBM,アクセンチュア、ZTE他180社

相互接続、テストベットの準備など今後自然淘汰

------------------------------------------------

(2)サイバーセキュリティ シスコ ジョンさん

・シスコはセキュリティ分野で$3Bの売り上げ、20年以上取り組んでいる

・未来はどうなる2020年

・78%はクラウドになる

・5TB/デバイスのデータ

・50Bのデバイスが接続

・40%の既存の会社はなくなる

・IoT

・1500社のベンチャ、19億ドルの投資

・547億台のデバイスが出荷

・約300倍のトラヒックが生成(2020年)

・3000万台/週が新たに接続

・セキュリティ

・200億(年?)のインシデントが発生

・トップの48%がセキュリティに関心がある。

・セキュリティ対策は70%がリスクの軽減、32%が成長戦略のため

・セキュリティ対策を56%がコスト、44%が競合との差別化

・シスコの取り組み

・100TBのデータを解析、250名の専門官がいる

・数千万ユーザに対応している

・セキュリティ対策の今後のキーワード

・発展:国家戦略、ビジネス戦略、人材育成

・効果測定:可視化、検知

・仲間を作る:ひとりでは、何もできない

------------------------------------------

(3)IoT市場予測 Hauwei キュウさん

・IoT規模

・歴史:バーコード、RFID、IoT

・IoTは人の幸せのために実施する

・2020年:3400億ドル規模(内訳)

・55%:ストレージ、解析

・30%:センサなどの端末

・15%:ネットワーク

・2025年:ビッグデータの活用:11兆ドルの売り上げ規模

・車の保険など

・5Gは、eMBB(人の通信)、mMTC, uRLLC(機械の通信)

・標準化:ドイツでIndustirial4.0、中国:Internet+、日本:Society5.0

・信頼できるIoT

・シームレス

・成熟したシステム

・信頼できるメンテナンス

この3要素を実現できるのは、通信キャリアしかいない。:CIoT(cellular IoT)

・CIoTの特徴

・セキュリティ:安全なアークテクチャ、信頼できる組織、高い専門人材

・30年かけてネットワークを構築

・70%の面積をカバー、90%の人口をカバー、5百万基地局

・LPWAとNB-IoT

・LPWA(Low power wide area):100kbps以下、低コスト、ローバワー

・2020年のキャリア系のデバイス7割を占める。約20億デバイス

・LPWAの主要分野:自動車、農業、エネルギー、環境、メータ、資産、都市行政

7分野:3A2E2Mと略している

・NB-IoT(LPWAの有望なひとつ)

・10年間電池で稼働

・LTEより20dBの広いカバーエリア

・10万デバイス接続/基地局?

・$5/デバイス以下

・有望分野:スマートメータ(電力、水、ガス):中国とEUでテスト中

  トラッキング(自転車、ペット、荷物)

  スマートパーキング

  保険サービス

・標準化:2016年9月で完了

・チップはIntel,Qualcomm、sequenceなどが9月に出荷予定

・基地局はソフトのアップグレードのみですぐに対応できる。8割

・IoTの協業

http://developer.huawei.com/en/ict/products/iot

・Hauwei:600億ドルの売り上げ、200億ドルがインフラネットワーク

・IoTで全体のパイを大きくしたい。

・10億ドルの開発投資をする。

・IoTプラットフォーム、OS、テストラボ(上海)、MBB(モバイル系のトップのフォーラム)

・OS,APIなどを公開しているので使ってもらいたい。いいアプリが出来れば各通信

     キャリアに売り込みが可能

・2016年11月24日,25日に幕張でMBBを開催するのでアプリなどを売り込んでもらいたい

・分野は、ロボット、自動車、Wearable,IoT

・アイデアをどう具体化するのかが重要:井深さんの言葉

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

問い合わせ先

当社の強み

 ・無線歴35年の専門家が対応します。

 ・自社所有の測定ツール(スペアナ、電波診断ツール、セキュリティ診断ツール、トラヒック診断ツール)により迅速に対応します。

 ・無線LANの見える化三部作により、どんなトラブルも解決します。

企業名:スペクトラム・テクノロジー株式会社

担当名:村上正彦

URL: http://spectrum-tech.co.jp

電話番号:04-2990-8881

メール:sales@spectrum-tech.co.jp

Spectrum Technology

無線の可視化により、快適な無線LAN(WiFi)、M2M環境を提供します。電波診断、セキュリティ診断による現状把握と対策を提供します。自社保有の測定ツールと無線歴35年により無線LANのトラブル対応力No.1を目指します。